富山のソールフード サスの昆布締め

富山県人はどうしてこれほどまでにサスの昆布締めがすきなのでしょうか?昆布は北海道、サスは千葉などの県外産、それでも、富山のソールフードに君臨するサスの昆布締めなのです。その理由を考えてみたら、昆布とさす(カジキマグロ)は単品ではそれぞれの地域で愛されているでしょうが、富山において、昆布とサスが出会ったことで、ものすごく美味しくなったのです。この美味しさは食べてみないとわからないかもしれませんが、本当に安定して美味しいのです。高級なものもそこそこの値段のものも十分に富山県人を喜ばせてくれます。富山に来たら是非食べてみてください。その美味しさに驚かれるはずです。絶品のサスの昆布締めの写真です。

サクラマス

ぼちぼち、サクラマスもみられるいうになってきました。市場に並んだのは刺し網にかかったサクラマスです。昨年はちょっと小型が多かったのですが、これな立派な大きさです。料理したサクラマスは昨年の冷凍保存しておいたものです。櫻鱒の塩と酢はお寿司屋さん系と鱒ずしやさん系では調理方法が違います。お寿司屋さんはたいてい、三枚のおろしてかサクにしてから塩と酢をします。鱒ずしやさんは押し寿司にするあつさに切ってから塩と酢をします。当然、塩と酢の時間は変わってきます。今回は、鱒ずしやさん系の加工をしました。皮は塩をして焼きました。握り寿司と押しずしにしました。いつ食べても上品で美味しいお魚です。

今が旬の寒鮃

春から初夏に向けて産卵する鮃は、この時期が旬です。2kgもの大物鮃です。縁側の大きさも食べ応え十分脂がのりころこりです。また、身は1kgクラスとは別物、ヒラメの美味しさが分かります。やはり鮃は寒の時期の大型に限ります。ちょっと贅沢しても食べたい大きさです。

ほたるいか解禁

富山湾の春を告るさかな、ホタルイカが解禁になりました。これから5月くらいまで漁期は続きます。3月4月5月とホタルイカも変化、一番柔らかく美味しいのは3月でしょう。産卵のための接岸5月には産卵を終えているとも言われます。さあ、この美味しさを早く味わいましょう。

 

ハタハタ

深いところにいる魚であるハタハタは深曳で捕獲されます。富山では冬の名物詩でこの時期によく取れます。ほろほろっとした身とあっさりした旨さで人気があります。特に冬場は産卵のために浅場の藻のある所にやってきて産卵します。そのハタハタを産卵前の鱸が荒食いすることがあり、アングラーの間ではハタハタパターンとも呼ばれています。また、一夜干しも旨みが増して美味しくなります。店頭で見つけたら食べてください。

ガスエビ

ガスエビまたはカシエビなどと呼んでいます。深曳でとれるエビです。この甘味と旨みは格別のものがあります。お刺身かちょっと炙った半生も美味しいエビです。カニ漁の時期によく出回ります。

とやまえび

とやまえびが正式名称ですが、ボタンエビという名称が有名です。雄雌性転換することでも珍しいエビです。富山湾では結構とれています。大きいので食べ応えがあり、甘味と旨みが強いので、高級品です。是非、朝採れのプリプリを味わってください。今、出回っています。

マイワシ 大羽イワシ

鰯は回遊性のお魚です。そのして、日本では昔から大変親うしみのあるお魚です。生、一夜干し、煮干し、その食べ方は多様で貴重なたんぱく源です。富山湾では、春先に回遊してくることが多く、市場にはホタルイカと同じころに並ぶのが通例です。今年の富山湾へは若干早めの登場です。こんかいの真鰯は大変脂がのっています。お刺身にすると、皮の裏にはたっぷりの脂、一夜干しで焼くと、脂が大量にしたたり落ちます。ちょうど産卵直前でほとんどのマイワシは卵と白子をもったものが市場に並んでいます。旬の時期に旬のお魚を食べる。この時期に最高に脂ののったマイワシを食べましょう。今回富山湾に入ってる鰯は大型です。大羽いわしといっていい大きさです。お刺身と握り寿司にしました。