サクラマス 祭り

サクラマスが旬を迎えています。サクラマス料理のスペシャリスト、サクラマスを料理させたら天下一品、長くサクラマスを触っておられ目をつむっても料理できるくらいの富山駅前「寿し晴」さんで大型の3kgクラスのサクラマスを頂きました。今年のサクラマスは海では好調、川はこれからでしょうか。お刺身、皮と中骨の焼き物、握りでいただきます。5月いっぱいまで漁期が続くサクラマス富山で楽しみたい逸品です。

真鰯

今年の富山湾は鰯が豊漁です。昨年との違いは何なのでしょうか?昨年は不漁でした。鰯の数よりは回遊変わったのでしょうか。抱卵した鰯が大量にとれています。健康によい鰯、足の速い鰯、お刺身は朝とれ、漁場と市場の近い富山湾だからできる技です。

春を告げる川の王者 サクラマス 田子泰彦氏

富山県水産研究所の所長田子泰彦氏が読売新聞にサクラマスを紹介されました。アマゴとの交配を遺伝子レベルで解明し、神通鱒を復活されるなど、富山県のサクラマスや鮎に大変貢献されています。昔は多かった流し網漁から投網への変遷、釣りが多くなってきたことなど、時代の変化もとらえておられます。富山県民誇りのますのすし、その原料がサクラマスです。サクラマス漁は4月から5月迄の期間です。富山県に春を告げてもらえます。

富山のソールフード サスの昆布締め

富山県人はどうしてこれほどまでにサスの昆布締めがすきなのでしょうか?昆布は北海道、サスは千葉などの県外産、それでも、富山のソールフードに君臨するサスの昆布締めなのです。その理由を考えてみたら、昆布とさす(カジキマグロ)は単品ではそれぞれの地域で愛されているでしょうが、富山において、昆布とサスが出会ったことで、ものすごく美味しくなったのです。この美味しさは食べてみないとわからないかもしれませんが、本当に安定して美味しいのです。高級なものもそこそこの値段のものも十分に富山県人を喜ばせてくれます。富山に来たら是非食べてみてください。その美味しさに驚かれるはずです。絶品のサスの昆布締めの写真です。