清流の女王 鮎

今年の富山の鮎は不漁です。川で産卵した鮎の稚魚は海へ下り大きくなって川に戻ってきます。海ではいつも片口鰯と生存競争、同じ時期に餌であるプランクトンの奪い合いをしてるそうです。今年は片口鰯が少し成長が早く、鮎は餌が少なくしかとれず、大きく育った鮎は少なかったそうです。川にいる鮎の数も少ないですが、最近は大型も混じってます。この鮎は神通川のもの、とれてすぐに写真をとったのでキトキトです。今が盛期の鮎です。

レンコダイ 紅鯛

レンコダイ、真鯛やチダイと並んで有名です。関東ではあまり出回らないようですが、日本海側では大変重宝がられているお魚です。島根や若狭湾の福井では、名物の小鯛の笹漬の原料です。富山湾でも結構とれているお魚で、店先では、紅鯛と表記されることもあります。塩をして酢で締めて食べます。特に皮の部分がおいしいです。握り寿司で頂きました。

トビウオ

夏になるとやってくる、トビウオ、美味しいお魚です。お刺身は柔らかい身でありますが、旨みは上級です。そして伝えたいのが、料理の下味で最高級のアゴ出汁こそがトビウオなのです。干したトビウオはアゴと呼ばれ、アゴ出汁は超美味です。うどんやお吸い物の出汁として超高級なのです。この時期に1年分の出汁用煮干しを作るお店もあります。

ツバイソ/鰤の子供

夏になると出てくるのが、ツバイソです。ブリの子供で、ツバスとかコズクラとかも言いますが、富山ではツバイソ、少し大きくなるとフクラギですが、この大きさはツバイソです。たいがいはなすびと一緒に煮て食べます。なすびの旨みとツバイソの相性は抜群です。ツバイソが店頭に現れると夏が近づいたという季節感です。美味しくいただきました。