カテゴリー別アーカイブ: 富山湾岩瀬の魚を買う

活締めの真鯛 くろさきや

くろさきやさんの活〆真鯛、どこが違うのか。まず、魚をしめるのに、船上で自然に死ぬのが野締め、野締めしたお魚も早めにエラを切るとある程度脱血できます。生きたまま絞めるのが活締め、「いけじめ」と呼びます。(*注意、かつじめではありません)活締めされた魚はより効率よくしめられており、身は新鮮です。くろさきやさんのこの真鯛、しっぽの方にきれめがありました。うしろから神経をしめたと思います。身は全然固くならず。プリプリのままです。お刺身は皮をひいいたものと皮を炙ったもの。真鯛の皮は美味しいです。

黒崎鮮魚店さんは黒崎屋に

黒崎鮮魚店さんは移転されました。名前も黒崎屋、今はグランドオープンではないようですが、主力の御魚部門はいつも通り営業されています。後に、野菜とお肉部門が超セレクトショップなるようで、楽しみです。移転場所は旧店舗よりくる場合八号線を潜って右側。富山から来る場合道路標識の「寺島」が目印になります。店舗の向かい側に駐車場、向かって右側の半分は黒崎屋さん用に駐車場があります。今後ますます発展が期待される黒崎屋さんです。

黒崎鮮魚店さんの岩瀬港柳ハチメ

黒崎鮮魚店さんの入居されているサンフレッシュ大井さんは2月初旬まで休業と書いてありますが、黒崎鮮魚店さんは営業されてます。主に午前中業務店さま向けが主体だそうです。ただし、アジやサバ活魚もあるということで、本日訪問、柳ハチメを購入しました。因みに、お刺身を作ってもらいたい場合、電話で注文するといいそうです。さて購入したまるのお魚は、大きいので、1匹は炭でじっくり焼きまいした。炭だと中までちょうどいい具合に火が通り美味しくなりました。またもう1匹はお刺身です。この時期の柳ハチメとても脂がのっており、包丁にまとわりつくようでした。美味しくいただきます。