カテゴリー別アーカイブ: 富山湾岩瀬の魚を食べる

神通川鮎

盛期終盤になってきました。時間もあったので、炭火でじっくりと焼きました。鮎が卵や白子を持つにはあと2週間ほどでしょうか?まだ、盛期の鮎です。炭火で焼くと中までほくほくに焼けて水分もなくなっています。美味しくなりますね。神通川の鮎は9月いっぱいが旬です。

バイ貝

富山県民熱愛の食べ物といえば、バイ貝です。富山では何かお祝いやお祭りお盆やお正月接待など、どうぞどうぞとお出しするのがバイ貝です。このバイ貝実は種類が多く、わかりにくいのですが、今回のこのバイ貝は、魚津では「エゴバイ」と呼んでいるものです。貝殻は少し固め、身はほんのりと甘めの柔らかめでしょうか。柔らかめといっても、普通の貝よりものすごくかたいです。また、肝の部分が格別に美味しいです。新鮮なものはやはりお刺身ですね。わたくしも大好きです。

富山 神通川の鮎

8月も終盤、鮎も盛期を超えたあたりでしょうか。まだ、卵は持ってませんが、終盤に近づきつつあります。きときとの神通川天然鮎です。定番の塩焼き、新鮮だからこそできるお刺身にしました。今年は増水が多くて苔の出来具合もまちまちでしたが、今はいい状態の川になっているようです。9月からはころころ釣もはじまり、一気に秋に突入します。あとしばらく、盛期の脂ののった天然鮎を楽しみましょう。

富山湾の活〆血抜き神経締め鮃

富山湾は鮃がコンスタントに捕獲されています。特に漁場が近いので生きた状態で購入することが可能です。こんかいのこの鮃、1kg超で活〆血抜き神経締めです。神経締めのお魚は全く力が入らず、身はふにゃふにゃなのですが、包丁を入れると、身が生きているので、プルプルと筋肉が反応します。姿づくりとお刺身です。肝は軽く湯がいて、添えました。今回食した方は肝醤油にしてその旨みに感激されていました。年間を通じて味わえる高級魚です。