カテゴリー別アーカイブ: 富山湾岩瀬の魚

サクラマス 祭り

サクラマスが旬を迎えています。サクラマス料理のスペシャリスト、サクラマスを料理させたら天下一品、長くサクラマスを触っておられ目をつむっても料理できるくらいの富山駅前「寿し晴」さんで大型の3kgクラスのサクラマスを頂きました。今年のサクラマスは海では好調、川はこれからでしょうか。お刺身、皮と中骨の焼き物、握りでいただきます。5月いっぱいまで漁期が続くサクラマス富山で楽しみたい逸品です。

真鰯

今年の富山湾は鰯が豊漁です。昨年との違いは何なのでしょうか?昨年は不漁でした。鰯の数よりは回遊変わったのでしょうか。抱卵した鰯が大量にとれています。健康によい鰯、足の速い鰯、お刺身は朝とれ、漁場と市場の近い富山湾だからできる技です。

春を告げる川の王者 サクラマス 田子泰彦氏

富山県水産研究所の所長田子泰彦氏が読売新聞にサクラマスを紹介されました。アマゴとの交配を遺伝子レベルで解明し、神通鱒を復活されるなど、富山県のサクラマスや鮎に大変貢献されています。昔は多かった流し網漁から投網への変遷、釣りが多くなってきたことなど、時代の変化もとらえておられます。富山県民誇りのますのすし、その原料がサクラマスです。サクラマス漁は4月から5月迄の期間です。富山県に春を告げてもらえます。

サクラマス

ぼちぼち、サクラマスもみられるいうになってきました。市場に並んだのは刺し網にかかったサクラマスです。昨年はちょっと小型が多かったのですが、これな立派な大きさです。料理したサクラマスは昨年の冷凍保存しておいたものです。櫻鱒の塩と酢はお寿司屋さん系と鱒ずしやさん系では調理方法が違います。お寿司屋さんはたいてい、三枚のおろしてかサクにしてから塩と酢をします。鱒ずしやさんは押し寿司にするあつさに切ってから塩と酢をします。当然、塩と酢の時間は変わってきます。今回は、鱒ずしやさん系の加工をしました。皮は塩をして焼きました。握り寿司と押しずしにしました。いつ食べても上品で美味しいお魚です。