春を告げる川の王者 サクラマス 田子泰彦氏

富山県水産研究所の所長田子泰彦氏が読売新聞にサクラマスを紹介されました。アマゴとの交配を遺伝子レベルで解明し、神通鱒を復活されるなど、富山県のサクラマスや鮎に大変貢献されています。昔は多かった流し網漁から投網への変遷、釣りが多くなってきたことなど、時代の変化もとらえておられます。富山県民誇りのますのすし、その原料がサクラマスです。サクラマス漁は4月から5月迄の期間です。富山県に春を告げてもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です