ヒラメ

鮃も夏にお勧めの御魚です。富山湾は急激に深くなっている地形です。夏場に深いところにいる鮃も捕獲することができます。鮃は白身魚の代表です。上品な旨みと食感で人気の食材です。また血抜きをしてあるので、鮃本来の美味しさを楽しむことができます。今回は新鮮な鮃を平造りにしました。柔らかい身を思う存分味わうことができました。

太刀魚

太刀魚はほとんど焼き物として提供されてます。細い魚なので、家庭で食べるときにはお刺身やお寿司にするには多少手間がかかりますが、焼き魚にするにはとても手軽です。うろこをとる必要もないので、適度な長さにカットして、塩をして焼きます。塩のままお醤油で食べる方法が最もポピュラーですが、ワサビ醤油や生姜醤油も美味しくいただけます。夏場の貴重なお魚です。

太刀魚

魚が少なくなる夏、貴重なお魚太刀魚、刀のようなお魚で名は体を表します。塩焼きで食べるのが定番で、とても美味しいお魚です。うろこはなく、銀色のまくで覆われています。新鮮なお魚は当然、お刺身でもOK!今回は握り寿司とお刺身でいただきました。お刺身は細く切って食べやすくしました。上品な旨みがあり、その刀のような容姿からはかけ離れた味です。夏に味わいたいお魚です。

甘海老

水深200m超の水域に生息する甘海老、日本ではほとんど半日くらいかけて捕獲しにゆきます。しかし、富山湾は急に深くなっているので30分かからずに漁を行うことができます。それだけ鮮度の高い甘海老が市場にならびます。甘海老は通年ほかくされており、この夏場にも新鮮な甘海老が提供されています。子持ち甘海老、卵は握りのうえにつけました。海老みそは、味噌と一緒に加熱して軍艦でいただきます。お刺身もその甘さは驚きです。夏に貴重なお魚です。

アカイカ

小型のアカイカです。夏にかけて、小型が出回ります。烏賊は大型は高価になりますが、食べるには小型が良いです。小型の烏賊は味は同じでしかも食感が良く、しかも、イカ独特のねばりっこさがありません。コリコリしていてしかも噛みやすいのです。美味しい味プラス食べやすい食感があるので、手はかかりますが、小型の烏賊の有利なところです。小型のアカイカ是非お刺身握り寿司で食べてください。美味しいですよ。

真鯛

魚のなかでも王様ともいわれる真鯛。あかだいということもあります。様々な食べ方がありますが、今日は握り寿司、皮を炙ったものと、締めたものを用意しました。両方皮も食べます。皮に旨みがあり。真鯛を楽しむにはよい料理方法です。鯛は捨てるところがないともいわれています。残をお味噌で煮ました。鯛の旨みを楽しむことができます。季節を問わず美味しい真鯛、お勧めです。

バイ貝

滑川であがったバイ貝です。富山県人はバイ貝大好きです。特にお正月やお盆に食べる習慣があります。最近では、割烹や居酒屋では、豪華な雰囲気を演出するため、バイ貝を出すこともあります。そんな目出度いバイ貝、お刺身握り寿司、煮物でいただきました。コリコリ感に旨みが加わりやはり美味しいです。特に肝は絶妙な旨みがあり、素晴らしい魅力です。お正月以外でも食べたいですね。

ノドグロ 魚神

ノドグロは通年収穫されています。魚が少なくなる夏にも市場に並びとても貴重なお魚です。富山の割烹に行くと、魚神と書かれており、慣れない方はわからないと思いますが、ノドグロのことです。美味しいので「神」という称号を頂いたのでしょうか。喉の奥が黒いのでノドグロと呼びます。 またアカムツというのが正式名称、クロムツとは別物です。富山県水産研究所も力を入れており、年2~5万匹を神通川沖に放流しています。白身のトロといわれるだけに脂ののりもよく、旨みを濃いです。お刺身、握り寿し、煮つけとそれぞれ最高に美味しいお魚です。

富山湾の鯵は美味

今富山は、ものすごい増水で各河川は災害ギリギリの状況です。このような増水を川で見ていると、山で蓄積された、豊饒な土砂やたい肥が川から海へ流れてゆきます。これこそ、富山湾の豊かさなのではないでしょうか。山の栄養分が海へ注がれる。それが富山湾です。さて、富山湾の鯵、今が旬です。この丸々とした鯵はメスの抱卵した個体でした。このような素晴らしい魚が育まれるのが富山湾です。この鯵、お刺身と握り、葱と生姜が抜群の相性です。旨みと甘味は最高です。

サクラマスのお刺身お寿司

記録的なサクラマスの不漁の年でした。川で産卵して海で成長するサクラマスの豊漁不漁を左右するのは、産卵してから海へ行くまでにどれだけたくさんの稚魚が生き延びるか、そして、海へ行ってからは、鮭や他の魚と競争してどれだけエサをたべて生き延びることができるかにかかってます。サクラマスは3年周期で成魚になります。今年のサクラマスは3年前に生まれた魚です。3年前北陸の河川はサクラマスが子どもを産む秋に大きな水が出ました。また、年々鮭の養殖の影響で北洋には従来以上の鮭が来ているといわれています。そのような過酷な状況で不漁だったサクラマスですが、貴重なサクラマスを食べる機会に恵まれました。富山駅前の寿し晴さんでお刺身お寿司、そしてアラの焼き物を頂きました。貴重なサクラマスに感謝です。また、寿し晴さんのサクラマスの裁きは天下逸品です。感謝いたします。