ますのすし

富山県人熱愛の食物といえば、ますのすしです。お正月やお盆、お祝いごとでは外すことができません。今年も鱒の寿しを作りました。当然、神通川の櫻鱒、最高のものです。押しずしと握り寿司好みはさまざま、できたては握り寿司、しばらく時間がてたば、押しずしの旨みが勝ります。いずれにしても、富山県民が誇りに思っている逸品です。

鰤 なぶら 親子握り寿司

富山湾で鰤のナブラが見られるそうです。豊饒な富山湾にはお魚が豊富です。その魚を食べて、海面迄追い上げ、海面を騒がせる現象のことをナブラと言います。それほど鰤が富山湾に入ってます。そんな時期に鰤を食べるのは順当です。また、ブリの子供フクラギも脂がのってます。ブリとフクラギの親子握り寿司にしました。富山湾に感謝です。

南條早紀さんとサクラマスを堪能 富富富の日本酒も飲んだよ

富山は神通川で水揚げされた、幻のサクラマス、
富山テレビのアナウンサー南條早紀さんと食べました。
お刺身、皮の炙り、と絶品料理を堪能しました。
また、鮎の塩焼きも出てきて
富山の自然の素晴らしさを感じました。
また、今回は、富富富という富山県自慢のお米でできた
清酒と普通のお酒の飲み比べもしました。
富山ってお魚もお米も最高です。