しまだい

しまだいです。富山湾岩瀬では小型が多いです。七本の線があり「ななきざみ」と呼ぶお年寄りもいます。大きくなると岩礁帯の多い氷見などに行くようです。小型は結構おり、釣りの対象にもなります。これくらいの大きさでも、独特の脂がのり美味しいお魚です。

黒鯛

秋になってがぜん脂がのってくるのが黒鯛です。岸よりのテトラ帯などに生息して、雑食性、わかめや愛dスイカも大好物です。春先にはホタルイカを好んで食べます。秋の脂ののったクロダイは食べごろです。

アラ

アラは、深場で取れる高級魚、秋から冬に旬を迎えます。富山湾ではそれほど漁獲高は高くありませんが、結構とれています。その知名度と反比例して美味しさは抜群です。お刺身、そしてアラのアラ汁は最高に美味です。是非、食べてみてください。

真鯒

すっかり涼しくなり秋本番です。朝夕は寒いくらいです。しかし、海水温はのなのでしょうか。通常気温よりも海水温は遅れて冷たくなってゆきます。夏のお魚マゴチがかかっていました。そんなに数はいませんが、夏が名残惜しいです。白身の高級魚です。